スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 経営 > 小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略[by 竹田 陽一 栢野 克己]

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略[by 竹田 陽一 栢野 克己]

2004-04-30
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
竹田 陽一 栢野 克己
フォレスト出版 (2002/11)
売り上げランキング: 2,145
通常24時間以内に発送

・こう思ったら読め!
 「中小企業が儲かるためには?」

・気になったキーワード
 「長時間労働」「√3倍」
 「細分化」「エリア戦略」「ウエイト付け」

・本をフォトリーディングしてみての、本の著者への疑問
 「(対象を)絞るとなぜいいのか?」

・本から得た気づき
 「お客が多い=敵も多い」
   これ、難しいですよね。確かに上記のとおりです。
   あ、そしてこれは「弱者」の戦略だから、敵の多いところは
   避けるべきなんだ。そうか自分の立場によって当然戦略は
   かわるわな。

 「営業エリアは狭く→移動時間が減り、面談時間が増える」
   移動時間を減らすことは、永遠のテーマ。
   やりたいこと、それを実行している時間が本当は大事
   なのに、それをするための時間(たとえば移動)が増えている現実
   を解決するための手段であると考えればわかりやすいと思った。

 「人生=才能×(時間)の2乗+過去の蓄積」
 「日本のTOPになるには1万時間の投入が必要」
   そうだよなあ。1万時間。毎日全力投球できていれば
   5年。そうでないならもっと。資源の集中が必要だ!

・この本を読んで自分が決意したこと
 「自分の分野に他人の√3倍を投入する」
  これによって3倍の成果をあげることができるようになれば
  ちょっとは人に誇れるものができる!

小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略
小さな会社・儲けのルール―ランチェスター経営7つの成功戦略


 

経営の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.