スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 経営 > パラダイムの魔力

パラダイムの魔力

2004-06-08

●パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
ジョエル・バーカー (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482274020X/maruruchan-22/ref=nosim

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
 『パラダイムを変えるには』

 パラダイムを変えることができれば一番自分が有利になる?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『先見性・イノベーション・卓越』
 『ルール』
 『新しいゲーム』
 『信じれば見える』

★━本をフォトリーディングしてみての、本の著者への疑問━━★
 『パラダイムを開拓するには?』

  「発見」と「開拓」は違ったもののようだ。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『開拓者-未開の道を真っ先に進む』
  直感的判断で進む(データがそろうまでまってない)だからこそ
 「知ってるだけでは駄目!」勇気をもってないとだめ。

  アメリカの西部開拓をイメージさせますね。なんだかとっても。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『圧倒的優位』
  太刀打ちできないまでの競争力をみにつける。パラダイムを開拓すると
 他社が追随してくる時間に、一歩先に進むことができる。
  ここで注意が必要なのは、「発見者」ではなく「開拓者」が
 優位を獲得する場合が多いこと。
 だから、パラダイムの変化に「耳を済ませる必要がある」

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『戦略的探検』
  影響の理解力・拡散的思考力・収斂的思考力が大事。
  2番目は、正しい考え方を2個以上ちゃんともつこと、3つ目は
 選択肢の優先順位をもつこと。これがちゃんと成り立った場合に
 「戦略的」といえる。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
 『パラダイムの転換に耳をすます』

  開拓者になれるようにする!ってことですね。
  みんなが気がついてから参入しても遅いんです。
 家電関連は、いったんトップリーダとして認知されると
 非常に大きい。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

「パラダイムシフト」=ゲームのルールが変わること
という定義は非常におもしろかったです。
ルールが変わってしまうと当然やり方もかわるので
それまでのTOPが逆に負債を抱えることになるんです。

●パラダイムの魔力―成功を約束する創造的未来の発見法
ジョエル・バーカー (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/482274020X/maruruchan-22/ref=nosim



 

経営の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.