スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 経営 > 結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由 [by 浜口 直太 (著), 澤田 且成 (著)]

結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由 [by 浜口 直太 (著), 澤田 且成 (著)]

2007-12-15
結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由 結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由
浜口 直太 澤田 且成

明日香出版社 2007-12-04
売り上げランキング : 14
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/12/15

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『営業だけでいいんですか?』

   もっともっとよくするために。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『表面的なブランディング』   『ゴールを深く確信する』

 『一貫性』   『リスク』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『真にブランディングをしていくためには?』
                              
   ここをチェックしないといけないことは?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『特別に選ばれるための理由』
 ▼『リピーターを生むための仕組みがありますか?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『特別に選ばれるための理由』
  「ブランド」「ブランディング」

  とってもよく聞くキーワードであるにもかかわらず
  それが一体どういうものなのか、雲をつかむような話。

  そう思いません?

  大手企業になれば、ブランディングって必要だよなー。
  でも小さい間は、とてもじゃないけどできないよな。
  だって大量の広告宣伝費がかかるでしょ?とね。

  でも、その考え方自体が間違えだと言うことを
  本著で澤田さんは伝えようとされています。

  まず、冒頭で「ブランド」の由来について語られていますが
  #知っている方もいるかもしれませんね。
  その上で、本質的な意味として「識別する」という機能が
  ブランドにはあります。

  つまり、あなたが提供しているサービスであったり商品が
  その他、あまたあるライバル達から「何が違うのか?」
  という識別のためです。

  現代では、ライバルがいない商品というのは非常に希。
  ですから、その中からあなたの商品・サービスが選ばれるための 
  「特別な理由が何であるか」というところを
  伝えてくれる、そしてその結果生まれるモノがブランドだと
  いうことなのです。

  ということは・・・この「特別な理由」を生み出すためには・・
  何もしないでも勝手に生まれてくると言うことは
  ありませんよね?

  そう、自分たちの方から「最初に発信」する情報があってこそ
  ブランドはスタートするのです。

  そして、発信しっぱなしでも駄目。
  発信をした上で、それを受け手であるお客様が
  「よし!」と満足してくださることで初めて成立する。
  これが「ブランド」なのですね。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『リピーターを生むための仕組みがありますか?』
  さて、ブランディングがうまい方向に進み始めて
  「あなたを選んでもらえる特別な理由」ができてきたとしたら
  あとは何にもしなくていい・・・

  というわけではもちろんありません(^^;;)

 
  せっかく選んでもらえる可能性が広がったのですから
  そこをちゃんと「リピート」につなげてもらえる可能性を
  高める努力をしなくてはいけません。

  リピートをしてもらえると言うことは
  あなたが提供した商品・サービスに対して「好意的」な
  印象を持ってくださったからこそ。
  ですから、その「好意的な」記憶を、お客様の心の中に
  スペースとして占めているはずなのです。

  でも、まるるちゃんもそうですが、人間の記憶というものは
  非常にうつろいやすいもの。
  昔に覚えたままなんにもしていないと、すぐに忘れてしまいますから
  これを常に刺激できるような体制をどこかで構築しないと
  いけないといえます。

  その方法を本著では澤田さんが「アイコン」という形で
  語っています。
  この「アイコン」は五感で関知し、さきほどの記憶と呼応するような
  ものにするための、いわばトリガー。

  たとえば、視覚的アイコンのひとつに「ロゴ」というものが
  あります。
  このロゴを目にするたびに、お客様自身が体験した
  すばらしい経験を思い出し、記憶を呼び起こすことで
  再度リピートしたい!という気持ちを起こさせるのですね。

  
  小さな会社や個人起業であれば、営業部隊をもつのは
  とっても難しいか、もしくは社長だけが営業マンと言うことも
  めずらしくないとおもいます。

  すると、せっかくの使ってくださったお客様への
  フォローはどうしても手薄になりがち。
  そんなときに、「アイコン」の力を借りて自動的に
  フォローができるとしたら・・・

  とってもすばらしいことだし、大企業ではなく
  私たちのような小さな会社が持つべき「武器」のひとつでしょうね。
  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『特別に選んでもらうための理由を持つ』
                              
   いろんな手段を使って。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 ブランディングと聞くと、どうしても大企業のことを
 思い浮かべてしまうのが普通だと思います。

 デザインに優れたロゴをつくって、販促のためにグッズも大量に。
 その上で、広告宣伝のCMをうつ。
 いったいいくらお金がかかるんだ!とね。

 たしかに、大きな企業はそのやり方でやっているからと
 いって、小さな会社までがそのマネをする必要はもちろんありません。

 逆に、そうじゃないやり方でどうすればいいのか?
 ということを書籍の形でまとめたのが本著ではないでしょうか。

 人間、わからないものに対しては大きな恐怖感を抱いて
 それを「避けよう」とするのが本能です。
 ブランディングのように「やってみたいけど、わけわからない」
 というものを避けてしまうのはこの本能のせいであるとも
 言えます。

 最初から大きなところに頼んでみるよりも
 まずは、書籍などで基礎を学んだ方がいいのは、ブランディングに
 限らずいろんなことに言えるでしょうね。

結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由
結局、営業に頼ってしまう御社が伸びない本当の理由

関連記事:


 

経営の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.