スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 経営 > 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか? [by 林 總 (著) ]

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか? [by 林 總 (著) ]

2008-03-07
美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門! 美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?―できるビジネスパーソンになるための管理会計入門!
林 總

ダイヤモンド社 2008-02-01
売り上げランキング : 2177
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2008/03/08

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『さて、どちらでしょう?』

   前作「餃子屋と高級フレンチでは、どちらが儲かるか?」につづく第2弾です。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『ERPパッケージ』   『鳥に、虫に、魚に』

 『実現したい目的』   『シンプルなほど美しい』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『頼るべき所と、そうじゃないところは?』
                              
   コンピュータは万能ではありません
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『実現したい目的を最初に明らかにする』
 ▼『鳥に、虫に、魚になれ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『実現したい目的を最初に明らかにする』
  コンピューターシステムは万能である。

  コンピュータに詳しくない人ほど、そうとらえる傾向が
  顕著であるといわれています。

  このメルマガ【エンビジ】を読んでくださっているあなたの場合
  ほぼパソコンをついこなすスキルを持ち
  メールを受信してメルマガを読んでいるので
  「詳しい」方の部類にはいると思いますが
  そうでない人にとっては「魔法の杖」であると
  思われることもしばしば。

  しかし。。魔法の杖も使い方を知らないと
  そこから得られる結果がいったいどんなものであるか?
  と言うことに考えが及ばなくなります。

  勝手に頭の中に思いこんでいる欲しいモノを
  はき出してくれると。

  でも。。。当然ながらコンピュータは万能ではなく
  得意なことと不得意なことがあります。
  
  得意なことは「単純作業の繰り返し」
  有る決められたルーチンに従って結果を出すためには
  文句も言わずにしっかりと結果を出してくれます。

  でも。。。「決められたルーチン」ということが
  大問題で、決め方が間違っていたり曖昧だと答えも間違ってしまうのです。

  そして。。。。なんでもできるだろうとおもって
  いろんなことを詰め込むと・・・・
  プログラムを100%正確に作ってくれるコンピュータというモノは
  2008年現在で存在していないので、はまります。

  いわゆる「バグ」という問題ですね。

  そういう不毛な問題にはまらないために
  最初にしなくてはいけないのは「何をしたいか」を
  きっちりと決めておくことです。

  そう、何が欲しいのか!ということを決めておかないと
  いけないということです。

  本当は「おいしい焼き肉が食べたい」と思っているのに
  口に出してお願いしたことは「おいしいものを食べたい」であれば
  パートナーが、寿司やさんに連れて行ってくれても
  文句を言ってはいけません(笑)
  曖昧な定義が、かなりの確率で間違った答えを引き出すこと
  がここからわかりますからね。

  導入前に、決めておけるかどうか
  これが成功するかどうかの分水嶺であるといえます・・・
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『鳥に、虫に、魚になれ』
  
  本著の中で経営者たるモノ3つの視点を
  持っていないといけないというくだりがあります。

  その3つとは・・

   鳥の目:高く、広く、大づかみに、会社を俯瞰する
   虫の目:細かな詳細をきちんと見る
   魚の目:流れの先がどこへ行くのかを読む目。変化や異常点に
       目をこらして、ものを見る目

  では、それはなぜなのか?といえば
  経営者の仕事がなんであるか?ということを
  考えればあきらかです。

  そう、その仕事とは「思考」することと「決断」すること。
  自分で考え、そして物事を決めていくために
  必要なモノは?とブレイクダウンすると、その答えは「情報」
  にあるわけです

  その「情報」を得るために必要なのが
  この3つの視点=目なわけです。

  私自身は今回のネタの一つになっている「ERPパッケージ」
  というものは名前しか知らず中身についてはほとんど把握して
  いまぜんでした。

  
  今でも人に説明できるほどの理解をしていませんが(笑)
  この3つの視点を持つための「情報」を
  える仕組みを作り上げることと理解しています。

  情報はなにもしないでほったらかしにしていても
  集まってくるものではありません。

  「国家の罠」でも有名な、外交官の佐藤さんも
  その著書で語っていますが
    インテリジェンスとインフォメーション
  の違いというものがあるためです。

  インフォメーションは、ただのネタであり
  それを意味のある物に解釈する力をもつことで
  はじめてインテリジェンスという意味のある物に変化します。

  目の前に流れているインフォメーションという情報量が
  膨大なだけに、それをどう解釈するか?
  というものがこの3つの目であろうし
  それをサポートしてくれるのがコンピュータシステムなんだろうなと。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『欲しい物を最初に決めてしまおう』
                              
   そしてそれをサポートする「道具」をもつ
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 コンピュータシステムやサーバーだけに限らず
 世の中や自分のビジネスとして動かしている組織の中に
 流れている情報を「フィルタリング」するための
 機能は絶対的に必要になっています。

 
 コンピュータシステムをつかって
 ビジネスに必要な数字をはじき出すのも
 あらかじめ「決めておいた」方法を元にフィルタリング
 された数字です。

 だからこそ、【エンビジ】でもご紹介したように 
 「実現したい目的をあらかじめ明らかにしておく」ことが
 必要なのです。
 フィルタリングとは決められた条件を元に
 情報の海から、必要な物をあぶり出すことですからね。

 そして、読書をするという行為も実は同じです。

 読み手である自分が「何を得たいのか」ということを
 あらかじめ決めていると、その答えを得られる可能性は
 飛躍的に高まりますが、逆に漠然と読書をしていると
 その結果得られたことは「ページをめくっていた手」の
 指が疲れることだけ(^^;;)ということになりかねません。

 そうならないためにも、いろんなフィルターを
 有効に活用しましょうね。

美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?
美容院と1000円カットでは、どちらが儲かるか?

関連記事:


 

経営の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <経営版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.